2-2.表示されているテンプレートを書き換えてもっと自然な文章に | Q&A式 半自動記事作成ツール PPAGEマニュアル






2-2.表示されているテンプレートを書き換えてもっと自然な文章に

置き換えられた本文をその場で手直ししてしまうと、回答部分を書き換えたとき、やり直しになってしまいます。

その場合には、記事部の本文ではなく、テンプレートの方の本文を書き換えるようにすることで何度も繰り返し手直しすることができるようになります。


#~~# となっているところが回答と置き換えられます。(シンボル)

例えば、上図の #KEYWORD# は、「問い、回答部」の キーワードの部分と置き換えられます。

(d:~) とか (r:~) 、 (s:~) は、マクロ置き換えになっています。

シンボル部分とマクロ部分は、そのままにしてその他のテンプレートの文章を書き換えることで記事部の文章が置き換わります。


テンプレートも記事部と同じで reset で内容をクリアして書き込みをクリックすると選択してあるテンプレートのオリジナル文章が復活します。

手直ししたテンプレートはそのままの状態(クリアしない)にして「書き込む」ことで変更内容が維持されます。


どうしても、この手直しは今後も使える、最高だ!トレビアンだ!という場合には 書式のフィードバックにチェックをいれて「書き込み」クリックします。

書式のフィードバックにチェックの入ったテンプレート文章は、テンプレートのファイルそのものに上書きされます。
(サーバー上のオリジナルファイルが書き換わるのでバックアップを忘れずに)


※テンプレート部の下に「シンボル全使用検査」とありますが、これにチェックを入れると問い部のすべてのシンボルがテンプレート上にあるかどうかを検査します。テンプレートをカスタマイズするとき以外は使用しません。